ローリングストックとは?|ソナエループ    

   ローリングストックとは?   

 

日常生活から始められる防災のアイディア「ローリングストック」について

こんにちは!みなさんは、災害に備えて備蓄していますか?
避難所へ行けば食料も日用品もあるから大丈夫!と思っていませんか?
大規模な災害が起きると支援物資は到着するまで時間がかかったり、
避難所には地域住民全員の1週間分3食がすべて備わっているわけではないのです
自分の命は自分で守るために、今回は日常生活から始められる防災のアイディア「ローリングストック」についてお伝えします


ローリングストックとは、いつものお買い物で少し多めに購入し、古くなる前に食べ、食べた分を買い足すこと


ローリングストックとは、いつものお買い物で少し多めに購入し、古くなる前に食べる
そして食べた分を買い足す
これを繰り返すことで、防災のための備蓄を普段の生活サイクルの中に取り入れることを指します

動画で見よう!#1防災備蓄のすすめ



 

   普通の備蓄となにが違うの?   

 

普通の備蓄


×一気にたくさんの防災備蓄食を買い込んで、しまい込んでしまう
×気が付いたら賞味期限が切れている
×家にあるものを全部食べてしまう
×もったいなくて食べないようにしていたら賞味期限が切れてしまった
×一度も食べたことがないものや、どんな味かわからないものを買ってしまう

 

ローリングストック


備蓄食 非常食を食べる お買い物
いつでも家の中に食品がある 非常時にいつもの味が食べられる 計画的にお買い物ができる

非常時だけでなく、日常の「忙しくてご
飯が作れない‥」そんな日にも食べるこ
とができます。また、今までの非常食の
ように食品を放置しないので、賞味期限
切れにもなりにくいです。


普段もストックしている食品を食べるの
で、非常時にも食べ慣れた食事をするこ
とができいつもと変わらない味に安心す
ることができます。



 

減った分だけ買い足すので、計画的にお
買い物ができます。また、従来の非常用
の食品にとらわれず、好きなものを買い
足すことができるので、非常食を日常的
な買い物で補うことができます。

動画で見よう!#2ローリングストックの重要性





   ローリングストックを実際にやってみよう!   

 

ストック編


家族の一食分のメニューをひとつの袋へ入れる 1日分の3袋を大きな袋へ入れる 1日分の大きな袋を4つ作る
_搬欧琉貎分のメニューを
ひとつの袋へ入れる
「1日分=3袋」
◆1日分の3袋」
を大きな袋へ入れる

1日分がひとつの袋に
 
「1日分の大きな袋」を4つ作る

家族全員分の4日分の食料が完成!


★中に入れるものを選ぶ時のポイント

○常温で保存できるもの、パッケージになっていて持ち運びしやすいものを選びましょう
○賞味期限が1年以上あるものを選ぶと買い足す手間が少なくなります
○家族の好きなもの、食べたいものを選ぶと、非常時も安心した食事ができるのでおすすめです
○主食は多めにストックしておくと安心です



ローリング編


12食分の備蓄 月に一度、1食分を食べる 食べた分は買い足して補充していく
3食×4袋=12食分の備蓄 月に一度、1食分を食べる
(1年で12食分を食べきる)
食べた分は買い足して補充していく


忙しくて料理をする時間がない時でもすぐに食べられるので、日常の生活がとても楽になります
ローリングストックで備蓄食を食べること自体が、それだけで日常的に防災訓練になるので一石二鳥です
月に1回"保存食を食べる日"を決めておくのも、賞味期限切れを防ぐ秘訣ですよ



★1週間を乗り切る場合、残りの3日間はどうすればいい?

残りの3日分は、自宅冷蔵庫の中身や麺類や根菜のストックを調理して食べましょう
順序は、”冷蔵庫の中の生ものから調理し、日持ちするものは後で食べる”
そのためにカセットコンロをカセットガスの備蓄が必要です
カセットコンロもローリングストックしておくと良いですね

動画で見よう!#3ローリングストックの実践




 

   備蓄セットはどこにしまう?   

 

備蓄した食品って、どこに保管するか迷いますよね
ローリングストックなら、普段からよく使うものはキッチンへ置いておくのがおすすめ
他4日分用意した備蓄食は分散収納がおすすめですよ
おすすめの収納場所はこちら↓



備蓄食は玄関・2階・寝室に置くのがおすすめ


★さっと持ち出せるように玄関に
★水害に備えて2階に
★夜間での地震で閉じ込められる可能性を考えて寝室に置く など

 

各家庭の収納庫や、各家庭の災害リスクによって変えてもいいですね
直射日光の当たるところは避けて保存しましょう

 



   「在宅避難」に備えて備蓄しよう!   



コロナ禍では感染を防ぐため、
被災エリアでも自宅が無事であれば在宅避難がおすすめです
自宅に備蓄品がなければ在宅避難もままならないので、
食料品はもちろん、水、日用品、衛生用品、照明なども備蓄しておきましょう



水 水は、1日1人3リットル×家族の人数×7日間用意しましょう
2リットルペットボトルばかりだと持ち運びが難しいので、500mlのものもバランスよく用意すると良いですね
携帯トイレ 人は1日7回トイレに行きます
地震の揺れで配管が割れている場合があるので、断水時におふろの残り湯でトイレを流すのはとっても危険!
また、最後まで流れ切らず、途中で詰まったりするとガスが発生する可能性もあります
災害用の携帯トイレを使いましょう
1週間一人50回を目安に備え、トイレットぺーパーも災害時品薄になるので、
1か月分を目安にローリングストックすると◎
照明 照明は夜間の災害時、暗闇の中を安全に避難するための必需品
普段使いもできるLEDランタンを常備すると、災害時だけでなくアウトドアや子供の遊びにも使えて便利ですよ
また、足元を照らす用の懐中電灯や、両手をふさがないヘッドライトなどもあると良いですね
カセットコンロ カセットコンロ・カセットガスも非常食の調理に欠かせないです
ガスの使用期限はおよそ7年ですので、普段使いしながらのローリングストックがおすすめです
日頃の食卓やアウトドアでも使えて、とっても便利です
ウェットタオル 大判ウェットタオルも、断水でお風呂に入れなくなった時、体を拭くときにとっても便利です
夏のレジャーなどでも使用できるので、日常使いと合わせてローリングストックがおすすめです

動画で見よう!#4在宅避難で1週間を乗りきるための備蓄




ローリングストックで 自宅を最強の 避難所にしよう!

 


   早速はじめよう!   



早速ローリングストックを始めたいけど、
なにから買ったらいいか分からない‥
そんな方にはまず"おにぎりとみそ汁"が届くソナエループはいかがでしょうか?
定期配送してくれるので、簡単にローリングストックができますよ
パウチ食品や缶詰など、お好みのおかずと合わせてローリングストックしてみましょう!

 

お試しセット・定期便のご購入はこちら